schliessen

Filtern

 

Bibliotheken

CTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発

大気チェレンコフ光望遠鏡による超高エネルギーガンマ線の観測では、焦点面検出器の光検出効率がガンマ線検出感度を決める要因のひとつである。高い光検出効率は夜光に対するチェレンコフ光の信号比を高め低エネルギーガンマ線の観測を可能にする。また同時に、鏡の面積やシリコン半導体の使用面積を減らすことで望遠鏡建設費の低減も可能にする。本講演ではCTA大口径望遠鏡用の集光装置の開発状況、また中・小口径望遠鏡用の集光装置の開発可能性について報告する。... Full description

Journal Title: 日本物理学会講演概要集 2016, Vol.71.2(0), pp.323-323
Main Author: 奥村, 曉
Other Authors: 小野, 祥弥 , 朝野, 彰 , 片桐, 秀明 , 田島, 宏康 , 手嶋, 政廣 , 中村, 裕樹 , 林田, 将明 , 山本, 常夏 , 吉田, 龍生 , Okumura, A. , Ono, S. , Tan, Dang Viet , Asano, A. , Katagiri, H. , Tajima, H. , Teshima, M. , Nakamura, Y. , Hayashida, M. , Yamamoto, T. , Yoshida, T.
Format: Electronic Article Electronic Article
Language: jpn
Subjects:
Quelle: Japan Science and Technology Agency
ID: ISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_323
Link: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20065368310?from=PrimoCentral
Zum Text:
SendSend as email Add to Book BagAdd to Book Bag
Staff View
recordid: jstageDN/JLC/20065368310
title: CTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発
format: Article
creator:
  • 奥村, 曉
  • 小野, 祥弥
  • 朝野, 彰
  • 片桐, 秀明
  • 田島, 宏康
  • 手嶋, 政廣
  • 中村, 裕樹
  • 林田, 将明
  • 山本, 常夏
  • 吉田, 龍生
  • Okumura, A.
  • Ono, S.
  • Tan, Dang Viet
  • Asano, A.
  • Katagiri, H.
  • Tajima, H.
  • Teshima, M.
  • Nakamura, Y.
  • Hayashida, M.
  • Yamamoto, T.
  • Yoshida, T.
subjects:
  • 高エネルギーガンマ線
ispartof: 日本物理学会講演概要集, 2016, Vol.71.2(0), pp.323-323
description: 大気チェレンコフ光望遠鏡による超高エネルギーガンマ線の観測では、焦点面検出器の光検出効率がガンマ線検出感度を決める要因のひとつである。高い光検出効率は夜光に対するチェレンコフ光の信号比を高め低エネルギーガンマ線の観測を可能にする。また同時に、鏡の面積やシリコン半導体の使用面積を減らすことで望遠鏡建設費の低減も可能にする。本講演ではCTA大口径望遠鏡用の集光装置の開発状況、また中・小口径望遠鏡用の集光装置の開発可能性について報告する。
language: jpn
source: Japan Science and Technology Agency
identifier: ISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_323
fulltext: fulltext
issn:
  • 2189-0803
  • 21890803
url: Link


@attributes
ID319448992
RANK0.07
NO1
SEARCH_ENGINEprimo_central_multiple_fe
SEARCH_ENGINE_TYPEPrimo Central Search Engine
LOCALfalse
PrimoNMBib
record
control
sourcerecordidDN/JLC/20065368310
sourceidjstage
recordidTN_jstageDN/JLC/20065368310
sourcesystemOther
display
typearticle
titleCTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発
creator奥村, 曉 ; 小野, 祥弥 ; 朝野, 彰 ; 片桐, 秀明 ; 田島, 宏康 ; 手嶋, 政廣 ; 中村, 裕樹 ; 林田, 将明 ; 山本, 常夏 ; 吉田, 龍生 ; Okumura, A. ; Ono, S. ; Tan, Dang Viet ; Asano, A. ; Katagiri, H. ; Tajima, H. ; Teshima, M. ; Nakamura, Y. ; Hayashida, M. ; Yamamoto, T. ; Yoshida, T.
ispartof日本物理学会講演概要集, 2016, Vol.71.2(0), pp.323-323
identifierISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_323
subject高エネルギーガンマ線
description

大気チェレンコフ光望遠鏡による超高エネルギーガンマ線の観測では、焦点面検出器の光検出効率がガンマ線検出感度を決める要因のひとつである。高い光検出効率は夜光に対するチェレンコフ光の信号比を高め低エネルギーガンマ線の観測を可能にする。また同時に、鏡の面積やシリコン半導体の使用面積を減らすことで望遠鏡建設費の低減も可能にする。本講演ではCTA大口径望遠鏡用の集光装置の開発状況、また中・小口径望遠鏡用の集光装置の開発可能性について報告する。

languagejpn
sourceJapan Science and Technology Agency
links
openurl$$Topenurl_article
backlink$$Uhttps://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20065368310?from=PrimoCentral$$EView_source_record
openurlfulltext$$Topenurlfull_article
search
creatorcontrib
0奥村, 曉
1小野, 祥弥
2朝野, 彰
3片桐, 秀明
4田島, 宏康
5手嶋, 政廣
6中村, 裕樹
7林田, 将明
8山本, 常夏
9吉田, 龍生
10Okumura, A.
11Ono, S.
12Tan, Dang Viet
13Asano, A.
14Katagiri, H.
15Tajima, H.
16Teshima, M.
17Nakamura, Y.
18Hayashida, M.
19Yamamoto, T.
20Yoshida, T.
titleCTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発
description

大気チェレンコフ光望遠鏡による超高エネルギーガンマ線の観測では、焦点面検出器の光検出効率がガンマ線検出感度を決める要因のひとつである。高い光検出効率は夜光に対するチェレンコフ光の信号比を高め低エネルギーガンマ線の観測を可能にする。また同時に、鏡の面積やシリコン半導体の使用面積を減らすことで望遠鏡建設費の低減も可能にする。本講演ではCTA大口径望遠鏡用の集光装置の開発状況、また中・小口径望遠鏡用の集光装置の開発可能性について報告する。

subject高エネルギーガンマ線
general
0Japanese
1English
2一般社団法人 日本物理学会
3The Physical Society of Japan
4J-STAGE (Japan Science and Technology Agency)
510.11316/jpsgaiyo.71.2.0_323
sourceidjstage
recordidjstageDN/JLC/20065368310
issn
02189-0803
121890803
rsrctypearticle
creationdate2016
addtitle
0日本物理学会講演概要集
1Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan
searchscopejstage
scopejstage
sort
titleCTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発
author奥村, 曉 ; 小野, 祥弥 ; 朝野, 彰 ; 片桐, 秀明 ; 田島, 宏康 ; 手嶋, 政廣 ; 中村, 裕樹 ; 林田, 将明 ; 山本, 常夏 ; 吉田, 龍生 ; Okumura, A. ; Ono, S. ; Tan, Dang Viet ; Asano, A. ; Katagiri, H. ; Tajima, H. ; Teshima, M. ; Nakamura, Y. ; Hayashida, M. ; Yamamoto, T. ; Yoshida, T.
creationdate20160000
facets
frbrgroupid7203578677286643703
frbrtype6
newrecords20180306
languagejpn
creationdate2016
topic高エネルギーガンマ線
collectionJ-STAGE (Japan Science and Technology Agency)
prefilterarticles
rsrctypearticles
creatorcontrib
0奥村, 曉
1小野, 祥弥
2朝野, 彰
3片桐, 秀明
4田島, 宏康
5手嶋, 政廣
6中村, 裕樹
7林田, 将明
8山本, 常夏
9吉田, 龍生
10Okumura, A.
11Ono, S.
12Tan, Dang Viet
13Asano, A.
14Katagiri, H.
15Tajima, H.
16Teshima, M.
17Nakamura, Y.
18Hayashida, M.
19Yamamoto, T.
20Yoshida, T.
jtitle
0日本物理学会講演概要集
1Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan
delivery
delcategoryRemote Search Resource
fulltextfulltext
addata
aulast奥村
aufirst
au
0奥村, 曉
1小野, 祥弥
2朝野, 彰
3片桐, 秀明
4田島, 宏康
5手嶋, 政廣
6中村, 裕樹
7林田, 将明
8山本, 常夏
9吉田, 龍生
10Okumura, A.
11Ono, S.
12Tan, Dang Viet
13Asano, A.
14Katagiri, H.
15Tajima, H.
16Teshima, M.
17Nakamura, Y.
18Hayashida, M.
19Yamamoto, T.
20Yoshida, T.
atitleCTA報告110:焦点面光検出器の光検出効率改善に向けた集光装置の開発
jtitleMeeting Abstracts of the Physical Society of Japan
date2016
risdate2016
volume71.2
issue0
spage323
epage323
issn2189-0803
genrearticle
ristypeJOUR
abstract

大気チェレンコフ光望遠鏡による超高エネルギーガンマ線の観測では、焦点面検出器の光検出効率がガンマ線検出感度を決める要因のひとつである。高い光検出効率は夜光に対するチェレンコフ光の信号比を高め低エネルギーガンマ線の観測を可能にする。また同時に、鏡の面積やシリコン半導体の使用面積を減らすことで望遠鏡建設費の低減も可能にする。本講演ではCTA大口径望遠鏡用の集光装置の開発状況、また中・小口径望遠鏡用の集光装置の開発可能性について報告する。

pubThe Physical Society of Japan
doi10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_323