schliessen

Filtern

 

Bibliotheken

CTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発

CTA大口径望遠鏡には約47kgの球面分割鏡がおよそ200枚取り付けられる。主に自重により望遠鏡全体の向きに依存して構造体に歪みが発生し、分割鏡の方向が変化して信号光は正しく集光されない。そのため、各分割鏡に設置したカメラで光軸レーザーのスポットを常にモニターしてずれを検知し、分割鏡を支えるアクチュエータの長さを制御し方向を微調整する、Active Mirror Control (AMC) と呼ばれる手法が採用された。望遠鏡サイトに近い環境での試験を通じて、すでにこの手法による分割鏡の高精度補正の成功を確認している。本講演ではAMCシステムを外部PCからの動作を可能にするためにソフトウェアを改... Full description

Journal Title: 日本物理学会講演概要集 2016, Vol.71.2(0), pp.343-343
Main Author: 深見, 哲志
Other Authors: 野田, 浩司 , 林田, 将明 , 稲田, 知大 , 奥村, 曉 , 加賀谷, 美佳 , 片桐, 秀明 , 黒田, 隼人 , 齋藤, 隆之 , 重中, 茜 , 千川, 道幸 , 手嶋, 政廣 , 中嶋, 大輔 , 本橋, 大輔 , 山本, 常夏 , 吉田, 龍生 , Fukami, Satoshi , Noda, Koji , Hayashida, Masaaki , Inada, Tomohiro , Okumura, Akira , Kagaya, Mika , Katagiri, Hideaki , Kuroda, Hayato , Saito, Takayuki , Shigenaka, Akane , Chikawa, Michiyuki , Teshima, Masahiro , Nakajima, Daisuke , Motohashi, Daisuke , Yamamoto, Tokonatsu , Yoshida, Tatsuo
Format: Electronic Article Electronic Article
Language: jpn
Subjects:
Quelle: Japan Science and Technology Agency
ID: ISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_343
Link: https://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20065373253?from=PrimoCentral
Zum Text:
SendSend as email Add to Book BagAdd to Book Bag
Staff View
recordid: jstageDN/JLC/20065373253
title: CTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発
format: Article
creator:
  • 深見, 哲志
  • 野田, 浩司
  • 林田, 将明
  • 稲田, 知大
  • 奥村, 曉
  • 加賀谷, 美佳
  • 片桐, 秀明
  • 黒田, 隼人
  • 齋藤, 隆之
  • 重中, 茜
  • 千川, 道幸
  • 手嶋, 政廣
  • 中嶋, 大輔
  • 本橋, 大輔
  • 山本, 常夏
  • 吉田, 龍生
  • Fukami, Satoshi
  • Noda, Koji
  • Hayashida, Masaaki
  • Inada, Tomohiro
  • Okumura, Akira
  • Kagaya, Mika
  • Katagiri, Hideaki
  • Kuroda, Hayato
  • Saito, Takayuki
  • Shigenaka, Akane
  • Chikawa, Michiyuki
  • Teshima, Masahiro
  • Nakajima, Daisuke
  • Motohashi, Daisuke
  • Yamamoto, Tokonatsu
  • Yoshida, Tatsuo
subjects:
  • 高エネルギーガンマ線
ispartof: 日本物理学会講演概要集, 2016, Vol.71.2(0), pp.343-343
description: CTA大口径望遠鏡には約47kgの球面分割鏡がおよそ200枚取り付けられる。主に自重により望遠鏡全体の向きに依存して構造体に歪みが発生し、分割鏡の方向が変化して信号光は正しく集光されない。そのため、各分割鏡に設置したカメラで光軸レーザーのスポットを常にモニターしてずれを検知し、分割鏡を支えるアクチュエータの長さを制御し方向を微調整する、Active Mirror Control (AMC) と呼ばれる手法が採用された。望遠鏡サイトに近い環境での試験を通じて、すでにこの手法による分割鏡の高精度補正の成功を確認している。本講演ではAMCシステムを外部PCからの動作を可能にするためにソフトウェアを改善し、実際の望遠鏡の運用時に向けて開発したシステムの現状を報告する。
language: jpn
source: Japan Science and Technology Agency
identifier: ISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_343
fulltext: fulltext
issn:
  • 2189-0803
  • 21890803
url: Link


@attributes
ID1781736894
RANK0.07
NO1
SEARCH_ENGINEprimo_central_multiple_fe
SEARCH_ENGINE_TYPEPrimo Central Search Engine
LOCALfalse
PrimoNMBib
record
control
sourcerecordidDN/JLC/20065373253
sourceidjstage
recordidTN_jstageDN/JLC/20065373253
sourcesystemOther
display
typearticle
titleCTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発
creator深見, 哲志 ; 野田, 浩司 ; 林田, 将明 ; 稲田, 知大 ; 奥村, 曉 ; 加賀谷, 美佳 ; 片桐, 秀明 ; 黒田, 隼人 ; 齋藤, 隆之 ; 重中, 茜 ; 千川, 道幸 ; 手嶋, 政廣 ; 中嶋, 大輔 ; 本橋, 大輔 ; 山本, 常夏 ; 吉田, 龍生 ; Fukami, Satoshi ; Noda, Koji ; Hayashida, Masaaki ; Inada, Tomohiro ; Okumura, Akira ; Kagaya, Mika ; Katagiri, Hideaki ; Kuroda, Hayato ; Saito, Takayuki ; Shigenaka, Akane ; Chikawa, Michiyuki ; Teshima, Masahiro ; Nakajima, Daisuke ; Motohashi, Daisuke ; Yamamoto, Tokonatsu ; Yoshida, Tatsuo
ispartof日本物理学会講演概要集, 2016, Vol.71.2(0), pp.343-343
identifierISSN: 2189-0803 ; DOI: 10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_343
subject高エネルギーガンマ線
description

CTA大口径望遠鏡には約47kgの球面分割鏡がおよそ200枚取り付けられる。主に自重により望遠鏡全体の向きに依存して構造体に歪みが発生し、分割鏡の方向が変化して信号光は正しく集光されない。そのため、各分割鏡に設置したカメラで光軸レーザーのスポットを常にモニターしてずれを検知し、分割鏡を支えるアクチュエータの長さを制御し方向を微調整する、Active Mirror Control (AMC) と呼ばれる手法が採用された。望遠鏡サイトに近い環境での試験を通じて、すでにこの手法による分割鏡の高精度補正の成功を確認している。本講演ではAMCシステムを外部PCからの動作を可能にするためにソフトウェアを改善し、実際の望遠鏡の運用時に向けて開発したシステムの現状を報告する。

languagejpn
sourceJapan Science and Technology Agency
links
openurl$$Topenurl_article
backlink$$Uhttps://jlc.jst.go.jp/DN/JLC/20065373253?from=PrimoCentral$$EView_source_record
openurlfulltext$$Topenurlfull_article
search
creatorcontrib
0深見, 哲志
1野田, 浩司
2林田, 将明
3稲田, 知大
4奥村, 曉
5加賀谷, 美佳
6片桐, 秀明
7黒田, 隼人
8齋藤, 隆之
9重中, 茜
10千川, 道幸
11手嶋, 政廣
12中嶋, 大輔
13本橋, 大輔
14山本, 常夏
15吉田, 龍生
16Fukami, Satoshi
17Noda, Koji
18Hayashida, Masaaki
19Inada, Tomohiro
20Okumura, Akira
21Kagaya, Mika
22Katagiri, Hideaki
23Kuroda, Hayato
24Saito, Takayuki
25Shigenaka, Akane
26Chikawa, Michiyuki
27Teshima, Masahiro
28Nakajima, Daisuke
29Motohashi, Daisuke
30Yamamoto, Tokonatsu
31Yoshida, Tatsuo
titleCTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発
description

CTA大口径望遠鏡には約47kgの球面分割鏡がおよそ200枚取り付けられる。主に自重により望遠鏡全体の向きに依存して構造体に歪みが発生し、分割鏡の方向が変化して信号光は正しく集光されない。そのため、各分割鏡に設置したカメラで光軸レーザーのスポットを常にモニターしてずれを検知し、分割鏡を支えるアクチュエータの長さを制御し方向を微調整する、Active Mirror Control (AMC) と呼ばれる手法が採用された。望遠鏡サイトに近い環境での試験を通じて、すでにこの手法による分割鏡の高精度補正の成功を確認している。本講演ではAMCシステムを外部PCからの動作を可能にするためにソフトウェアを改善し、実際の望遠鏡の運用時に向けて開発したシステムの現状を報告する。

subject高エネルギーガンマ線
general
0Japanese
1English
2一般社団法人 日本物理学会
3The Physical Society of Japan
4J-STAGE (Japan Science and Technology Agency)
510.11316/jpsgaiyo.71.2.0_343
sourceidjstage
recordidjstageDN/JLC/20065373253
issn
02189-0803
121890803
rsrctypearticle
creationdate2016
addtitle
0日本物理学会講演概要集
1Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan
searchscopejstage
scopejstage
sort
titleCTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発
author深見, 哲志 ; 野田, 浩司 ; 林田, 将明 ; 稲田, 知大 ; 奥村, 曉 ; 加賀谷, 美佳 ; 片桐, 秀明 ; 黒田, 隼人 ; 齋藤, 隆之 ; 重中, 茜 ; 千川, 道幸 ; 手嶋, 政廣 ; 中嶋, 大輔 ; 本橋, 大輔 ; 山本, 常夏 ; 吉田, 龍生 ; Fukami, Satoshi ; Noda, Koji ; Hayashida, Masaaki ; Inada, Tomohiro ; Okumura, Akira ; Kagaya, Mika ; Katagiri, Hideaki ; Kuroda, Hayato ; Saito, Takayuki ; Shigenaka, Akane ; Chikawa, Michiyuki ; Teshima, Masahiro ; Nakajima, Daisuke ; Motohashi, Daisuke ; Yamamoto, Tokonatsu ; Yoshida, Tatsuo
creationdate20160000
facets
frbrgroupid8532505355267239385
frbrtype6
newrecords20180306
languagejpn
creationdate2016
topic高エネルギーガンマ線
collectionJ-STAGE (Japan Science and Technology Agency)
prefilterarticles
rsrctypearticles
creatorcontrib
0深見, 哲志
1野田, 浩司
2林田, 将明
3稲田, 知大
4奥村, 曉
5加賀谷, 美佳
6片桐, 秀明
7黒田, 隼人
8齋藤, 隆之
9重中, 茜
10千川, 道幸
11手嶋, 政廣
12中嶋, 大輔
13本橋, 大輔
14山本, 常夏
15吉田, 龍生
16Fukami, Satoshi
17Noda, Koji
18Hayashida, Masaaki
19Inada, Tomohiro
20Okumura, Akira
21Kagaya, Mika
22Katagiri, Hideaki
23Kuroda, Hayato
24Saito, Takayuki
25Shigenaka, Akane
26Chikawa, Michiyuki
27Teshima, Masahiro
28Nakajima, Daisuke
29Motohashi, Daisuke
30Yamamoto, Tokonatsu
31Yoshida, Tatsuo
jtitle
0日本物理学会講演概要集
1Meeting Abstracts of the Physical Society of Japan
delivery
delcategoryRemote Search Resource
fulltextfulltext
addata
aulast深見
aufirst哲志
au
0深見, 哲志
1野田, 浩司
2林田, 将明
3稲田, 知大
4奥村, 曉
5加賀谷, 美佳
6片桐, 秀明
7黒田, 隼人
8齋藤, 隆之
9重中, 茜
10千川, 道幸
11手嶋, 政廣
12中嶋, 大輔
13本橋, 大輔
14山本, 常夏
15吉田, 龍生
16Fukami, Satoshi
17Noda, Koji
18Hayashida, Masaaki
19Inada, Tomohiro
20Okumura, Akira
21Kagaya, Mika
22Katagiri, Hideaki
23Kuroda, Hayato
24Saito, Takayuki
25Shigenaka, Akane
26Chikawa, Michiyuki
27Teshima, Masahiro
28Nakajima, Daisuke
29Motohashi, Daisuke
30Yamamoto, Tokonatsu
31Yoshida, Tatsuo
atitleCTA 報告115:CTA大口径望遠鏡用Active Mirror Controlシステムのソフトウェア開発
jtitleMeeting Abstracts of the Physical Society of Japan
date2016
risdate2016
volume71.2
issue0
spage343
epage343
issn2189-0803
genrearticle
ristypeJOUR
abstract

CTA大口径望遠鏡には約47kgの球面分割鏡がおよそ200枚取り付けられる。主に自重により望遠鏡全体の向きに依存して構造体に歪みが発生し、分割鏡の方向が変化して信号光は正しく集光されない。そのため、各分割鏡に設置したカメラで光軸レーザーのスポットを常にモニターしてずれを検知し、分割鏡を支えるアクチュエータの長さを制御し方向を微調整する、Active Mirror Control (AMC) と呼ばれる手法が採用された。望遠鏡サイトに近い環境での試験を通じて、すでにこの手法による分割鏡の高精度補正の成功を確認している。本講演ではAMCシステムを外部PCからの動作を可能にするためにソフトウェアを改善し、実際の望遠鏡の運用時に向けて開発したシステムの現状を報告する。

pubThe Physical Society of Japan
doi10.11316/jpsgaiyo.71.2.0_343